一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

 出産後とにかくおっぱいトラブルがひどくてしこりは出来るし、白班ができるしさんざんで
それでも母乳にこだわって痛みに耐えながらおっぱいをあげてた

とうとう1ヶ月過ぎた頃に乳腺炎で高熱が出て母乳外来に行くことにした
そのときに娘の泣き方がおかしいといわれ、しかもこんなにママのおっぱいを傷つけるのは吸い方が悪いこの子に問題があると「舌癒着症」を疑われた
確かに寝る時に口を開けて寝ている・・・
これは舌癒着で息苦しくて口を開けているのか?とかいろいろ考える様になってしまった

舌癒着が重度の場合でも、生後3ヶ月くらいまでは簡単な手術で済むらしく専門の病院も紹介してもらった

ただこんな首も座らない小さな赤ん坊に手術をするなんてそんな簡単に決めれる事ではない
初めて聞く病名に悩んで、悩んで
結果病院に電話したが予約がいっぱいということもあって1ヶ月後の生後3ヶ月に病院を予約した

その間も手術したほうが娘の為なのかどうかが分からずいつも心の中がもやもやしていた
出産した病院のDrや近所の小児科のDrに「舌癒着症」と言われた事を伝え見てもらうけど
どのDrも「問題ないと思うけど・・・・」との返答

同じように舌癒着症と言われた赤ちゃんを持つ方のブログをみつけ
その方は悩んだ末結局手術していなかったし、その子は元気に成長しているとのこと

娘が健やかに成長している様子や、笑顔を見ていると生まれたばかりの子供を手術とはいえ傷つけるなんて考えられない
しかも日が経つにつれておっぱいトラブルは減っていってる
白班はまだ残っているけど、痛みは徐々になくなりつつあった
やっぱり娘が悪いのではなく産まれたばかりで上手に飲めなかっただけなんだと思う様になった


そして1ヶ月以上悩んだ結果、病院に行くのは止める事にした
キャンセルした時は久しぶりにすがすがしい気分だった

そして生後4ヶ月過ぎた今の気持ち
「手術しなくてよかった〜〜」

現在おっぱいトラブルはほとんど無く、寝るときは口をしっかり閉じて寝ているし! 

結局手術するかどうか最終決断するのは親である自分だし、判断を誤らなくてよかった・・・と思った。
何かあっても人のせいには出来ないし、誰かのせいにはしたくないし。

ただうちの娘の場合は手術しなくても済んだけど舌癒着症で手術したほうがいい場合もある
のかもしれない。
だからこそこれからもいろいろな状況に慎重に判断していこうと思った。

私と娘はおっぱいトラブルもなく笑顔で日々暮らしてます。

  • -
  • 22:51
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Related Entry
Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://jarobi.jugem.jp/trackback/269

PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

 

 

iKnow!

iKnow!

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM