一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

 2月20日の「夢の扉」はワクワクする内容だった。

山梨県で庄司日出夫氏が運営する「マリア国際幼稚園」が紹介されていた。
この幼稚園では会話はすべて英語だそうで、入園したばかりで英語で話しかけられ戸惑っていた子が数ヶ月後には先生の話す英語をしっかりと把握し会話している。
決して学んでいるわけではなく、生活の一部として、コミュニケーションツールとして英語を使っている。


教育方針は自ら学ぶ力をつける為に、フィンランド式の教育法を取り入れ 思考力や想像力を身につけさせているようです。 
日本の教育方法だと「指示待ち」になってしまう。

この庄司さん、幼稚園・保育園の中だけではまだ不十分ということでなんと
「村」
を作ろうとしており、小学校や病院などがある。
そして村全体で英語を公用語にしていくらしい。

既にその土地も決まり、着々と夢が現実になっているようです。

この国際教育村にフィンランド大使館も賛同してくれているそうで
ますます期待がもてる村だなとこちらもワクワク。

自分の子供の事を考えるとすぐにでもここの保育園、幼稚園に入れたいくらい。
私自身もカトリック幼稚園に通い英語は勉強していたけど、それはやっぱり勉強であって日常生活のコミュニケーションツールではなかった。

やっぱり英語を使う様にするためにはそういった環境が必要だな・・・。
私もつたないながらも英語で話す必要があるなぁと今回の夢の扉をみて鼻息が荒くなった。
CNNとか難しいニュースじゃないな。普通の日常会話からはじめよーぅ。

娘・私・旦那さんの為に、これからの未来のためにやれることはすぐにでもやろう!

  • -
  • 15:56
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Related Entry
Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://jarobi.jugem.jp/trackback/267

PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

 

 

iKnow!

iKnow!

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM