一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


JUGEMテーマ:日記・一般

長女が生まれてずっと使っているアップリカのstick。
毎日使い過ぎてボロボロ。しかも布の部分にカビが。。。でも着せ替えできるわけでもないのでガマン。
タイヤもキーキーいって2度メンテナンスに出したけどやっぱり毎日使うからかキーキー。

そんで去年次女が生まれもう4年はヘビーに使っている。
いわゆるバギーといわれてるもののようにごっつくなくスマートなのがいい。
片手押しがフラフラして出来なかったのも改良されてるんだろうなぁ。きっと。

次女も10kg超してきたので抱っこ紐がつらくなってきたので
これからはさらにベビーカーが必須になってくる。
だいぶ乗り尽くしたので新型のstickを2台目に欲しい。。。
だって色もデザインもおしゃれになってさらに便利なってるんだよね。


http://www.aprica.jp/campaign/stick2014/

 

ジャロビ手術後

2012年の11月末に愛する猫が吐血をした。
緊急で病院へ行き、内視鏡でみてもらうと悪性の腫瘍らしきものがあると
いうことで急遽開腹手術。
3時間以上の手術。。。よくがんばったね!
そして1週間の入院。

その間、腫瘍のタイプなどがわかり結果、「悪性リンパ腫」と診断された。
もし手術していなかったらもって2週間の命だったと先生に言われて
涙をこらえるのに必死だった。

14年以上の長い付き合いでいつも一緒にいたパートナー。
何が何でも回復してもらいたくて必死に色々な治療方法をネットで調べる

今のところ、抗がん剤とステロイドの投与
あとはケイ素とH4Oを試す

とにかく良くなって欲しい
その一心

なのに慢性腎不全までも症状が悪くなる
まったく・・・悔しい

自宅輸液をはじめ毎晩150ccを点滴投与
ガリガリになったジャロビの背中に輸液を入れるのはとてもつらい


また気になるCMの話を・・・

関東地域だけで流れてるのかどうか不明ですが

「湘南美容外科クリニック」
http://youtu.be/_fsBXgmUkrw

「私の好きな言葉は誠実です」
「私の好きな言葉は実直です」
  
 ・・・・

とドクターの好きな言葉を並べ立てるだけのCM
法律事務所のCMならまだしも、クリニックかよ!!


本当にこのドクターたちの好きな言葉がCMのそれであるとしたらすごいね

何度みてもいけてない


 
うちの猫たちは皿から飛び出たカリカリは絶対に食べない。

たいして汚れてもいないだろうに

人間と同じで落ちた物は食べないのだろうか?

プライドがあるからか?

でもそんな猫が私は好きだ

早く会いたい

娘たち

雨があがった田んぼにキラキラ光る太陽

一瞬一瞬がとても大事で

大切な時間が過去になる

何気ない一枚だけど、すこしでもその時の気持ちを切り取れていればいいなと思う

 
離乳食をはじめて数週間たった。

トマト、みかん、りんご 好きかとおもいきやまだまだ酸味はだめなようで
身震いして「おえっ」ってなる
可哀想だけどその表情が人間らしくって好き

スプーンでおかゆさんを食べる娘をみて今までの成長をしみじみ振り返る

仰向けで上ばかりみていたのに
今じゃひとりでごろごろごろごろ
うつ伏せで寝たり、横向いて寝たり


もうすぐはいはいし始めそうだ
どんどん出来ることが増えていってる

ゆっくりゆっくりでいいんだからねー。。。といいたくなる今日この頃デス




 出産後とにかくおっぱいトラブルがひどくてしこりは出来るし、白班ができるしさんざんで
それでも母乳にこだわって痛みに耐えながらおっぱいをあげてた

とうとう1ヶ月過ぎた頃に乳腺炎で高熱が出て母乳外来に行くことにした
そのときに娘の泣き方がおかしいといわれ、しかもこんなにママのおっぱいを傷つけるのは吸い方が悪いこの子に問題があると「舌癒着症」を疑われた
確かに寝る時に口を開けて寝ている・・・
これは舌癒着で息苦しくて口を開けているのか?とかいろいろ考える様になってしまった

舌癒着が重度の場合でも、生後3ヶ月くらいまでは簡単な手術で済むらしく専門の病院も紹介してもらった

ただこんな首も座らない小さな赤ん坊に手術をするなんてそんな簡単に決めれる事ではない
初めて聞く病名に悩んで、悩んで
結果病院に電話したが予約がいっぱいということもあって1ヶ月後の生後3ヶ月に病院を予約した

その間も手術したほうが娘の為なのかどうかが分からずいつも心の中がもやもやしていた
出産した病院のDrや近所の小児科のDrに「舌癒着症」と言われた事を伝え見てもらうけど
どのDrも「問題ないと思うけど・・・・」との返答

同じように舌癒着症と言われた赤ちゃんを持つ方のブログをみつけ
その方は悩んだ末結局手術していなかったし、その子は元気に成長しているとのこと

娘が健やかに成長している様子や、笑顔を見ていると生まれたばかりの子供を手術とはいえ傷つけるなんて考えられない
しかも日が経つにつれておっぱいトラブルは減っていってる
白班はまだ残っているけど、痛みは徐々になくなりつつあった
やっぱり娘が悪いのではなく産まれたばかりで上手に飲めなかっただけなんだと思う様になった


そして1ヶ月以上悩んだ結果、病院に行くのは止める事にした
キャンセルした時は久しぶりにすがすがしい気分だった

そして生後4ヶ月過ぎた今の気持ち
「手術しなくてよかった〜〜」

現在おっぱいトラブルはほとんど無く、寝るときは口をしっかり閉じて寝ているし! 

結局手術するかどうか最終決断するのは親である自分だし、判断を誤らなくてよかった・・・と思った。
何かあっても人のせいには出来ないし、誰かのせいにはしたくないし。

ただうちの娘の場合は手術しなくても済んだけど舌癒着症で手術したほうがいい場合もある
のかもしれない。
だからこそこれからもいろいろな状況に慎重に判断していこうと思った。

私と娘はおっぱいトラブルもなく笑顔で日々暮らしてます。

 
おむつは沢山あったので今まで気にしてなかったのに昨日薬局行ってびっくり
おむつコーナーにおむつがない!
すっからかーん

どうしたらいいんだ。布おむつにしたらいいの?
赤ちゃんホンポのサイトをみたら「売り切れ
ヤバい・・・
これは本当に実家に頼まないといけないレベルになってきた

そして東京23区の1歳未満の乳児をかかえている人は粉ミルクに水を使用したらいけないと!
そんで水を買いに行ったら買い占め中の人多数・・・。
本当にどうしたらいいんだろう。
全然関係ない人もがっつり買ってる様に見える。
ただこれは人間心理的に仕方が無いのかもしれない。
メディアに出ている人達の発言が信頼できないっていうのもある。
しかもいろんな人が言いたい放題で意見バラバラすぎる。


娘を守るためには東京を離れるしかないかも
国の「乳児への水道水の摂取を控えるように」という発表を受けて東京都が1歳未満の子供がいる家庭には水を配布してくれるらしい。
ありがたやー。

 2月20日の「夢の扉」はワクワクする内容だった。

山梨県で庄司日出夫氏が運営する「マリア国際幼稚園」が紹介されていた。
この幼稚園では会話はすべて英語だそうで、入園したばかりで英語で話しかけられ戸惑っていた子が数ヶ月後には先生の話す英語をしっかりと把握し会話している。
決して学んでいるわけではなく、生活の一部として、コミュニケーションツールとして英語を使っている。


教育方針は自ら学ぶ力をつける為に、フィンランド式の教育法を取り入れ 思考力や想像力を身につけさせているようです。 
日本の教育方法だと「指示待ち」になってしまう。

この庄司さん、幼稚園・保育園の中だけではまだ不十分ということでなんと
「村」
を作ろうとしており、小学校や病院などがある。
そして村全体で英語を公用語にしていくらしい。

既にその土地も決まり、着々と夢が現実になっているようです。

この国際教育村にフィンランド大使館も賛同してくれているそうで
ますます期待がもてる村だなとこちらもワクワク。

自分の子供の事を考えるとすぐにでもここの保育園、幼稚園に入れたいくらい。
私自身もカトリック幼稚園に通い英語は勉強していたけど、それはやっぱり勉強であって日常生活のコミュニケーションツールではなかった。

やっぱり英語を使う様にするためにはそういった環境が必要だな・・・。
私もつたないながらも英語で話す必要があるなぁと今回の夢の扉をみて鼻息が荒くなった。
CNNとか難しいニュースじゃないな。普通の日常会話からはじめよーぅ。

娘・私・旦那さんの為に、これからの未来のためにやれることはすぐにでもやろう!


PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

 

 

iKnow!

iKnow!

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM