一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

最後のロックンロールショー

タイマーズ

今日清志郎の最後のショーが行われた
告別式というよりはライブ。
会場では
「本日は忌野清志郎 青山ロックンロールショーにお越しいただきまことにありがとうございます」とMCがありガンガンに清志郎さんの曲がかかっている。
スッタフ全員がライブ用Tシャツを来ていて受付はさながらライブのグッズ売り場のようにも感じた。
メッセージを渡すと直筆メッセージ入りポストカードをいただいた
そこには「イェーッ!!感謝For You!」の文字

献花した後に思い出の品やポスターをみる
切ないし、悲しいけどなんだか楽しい葬儀 これがロック葬なんだね

ヒットナンバーで次第に周りもテンションが上がってさらにMCの「盛り上がろうぜ!!」「よかったらみんなで歌って!」で周りは大喝采と大声援であふれてた。
「キヨシロー」、「ありがとう」と叫ぶ人たち。
まさに近くで清志郎が歌っているライブのように思えた。
「トランジスタ ラジオ」が流れてきたときには盛り上がりが最高潮でみんな涙をこらえながら空に向かって歌っていた。

ずっとこの場から離れたくなかったけど会場の外にはまだまだたくさんの人が
清志郎を待っていたので、一番好きな曲「トランジスタ ラジオ」で会場を後にした。

本当にいいロックンロールショーだった。
清志郎さん。きっと近くで素敵な笑顔で歌っていたよね。

サンキュー!愛してるよ〜♪


JUGEMテーマ:日記・一般

タム君

タイ映画祭「タイ式シネマ★パラダイス 」がシネマート六本木ではじまりました。
タイ映画ってなかなか見ることができないので本当に楽しみ!!
だけど一緒に観てくれる人がいないのは残念。
代々木公園で行われるタイフェスティバルは毎年大盛況だし、熱狂的なタイ好きじゃなくても普段からタイ料理屋さんに足を運ぶ人は多い。
だけどタイ映画はまだまだかも・・・。
まー大きな映画館で上映されてないからしょうがないんだけど。

映画祭の前日に行われたタムくん(ウィスット ポンニミットくん)のライブに行ってきました!
タム君がアニメーションに合わせて電子ピアノを演奏。
本とにピアノの音がアニメにぴったりハマるんだよなー。
タム君らしい音を奏で、たまに演奏間違って、もう1回やり直しする。なんていうとっても和やかなムードでライブをたっぷり堪能。
「映像ちょっと待って〜」「疲れた〜」「緊張する〜」なんていいながら・・・・。
私が大好きなアニメーションは「部屋」。泣けてしまうほどいい。
他にも素敵な作品ばかり。優しくて、どこかシュールで、人生があって。
タム君のアニメーションは深い意味のある作品ばかり。

日本人では見たことが無い作品。
キャラクターのシタ君のTシャツを購入し、タム君に握手してもらいほっこり気分で帰宅しました。



JUGEMテーマ:アート・デザイン


Taro Okamoto

あの方、そう!岡本太郎さんの美術館へ行って参りました。
いやー・・・いろいろ芸術ってあるけど、作品からパワーがこんなに飛び出している
人ってなかなかいないんじゃないかな〜。
日本人離れした色彩感覚に感無量。


古いが素敵

そして次に行ったのが川崎市立 日本民家園
日本各地の代表的な民家が移築され野外展示してあるんだけど、規模がすごい!
江戸時代にタイムスリップしたかのよう。
こういった建物は希少だろうし、なかなか見る機会がない。
ちゃんと地域の特性に合わせた家屋の造りをしていて、知恵がいっぱい詰まっている。
また絶対行きたい。そしていろんな人に是非行ってもらいたい。そんな場所でした。
説明してくれた方達もとても親切だった。ありがとうございます!!

太郎さんのド派手な色彩と民家の実にシンプルな茶色い空間が凄く対照的で
不思議な時間を過ごすことができました。

誘ってくれた友達に大感謝♪


 
JUGEMテーマ:日記・一般

 

JUGEMテーマ:音楽



とうとうきてしまった。この日が!待ちに待ったレイジのライブ。(↑今回の映像ではないです。)
レイジの曲を初めて聞いたとき、
こんなに心が震えるバンドはもう何十年経っても出会えないんじゃないかって思った。
そして解散を知ったとき、
なぜ今までライブを見に行かなかったのかを後悔した。
もう2度と見れないのか・・・と落胆した。

そしてレイジが奇跡の復活、そしてJAPANツアー。
この人たちはきっと復活しなきゃいけないバンドだったんだよ。

本日、幕張メッセでついに夢のひとときが始まった。
真っ暗のステージにメキシコ国歌が鳴り響き、太陽が昇るように大きな赤い星、サパティスタが姿をみせた。
この瞬間レイジの世界に完全に引き込まれた。


4人はファーストから16年たった今も何一つ衰えることなくそのパワーを見せつけてくれた。
個人的にはトム・モレロの独創的なギター演奏がたまらなく良かった。
ザックはますますイエスキリストチックで、アフロっぽくなった髪型が赤いライトに照らされた姿がなぜかジミヘンドリックスにも似ていた。不思議なもんだ・・・。
それにしてもあのアヴレッシブな動きには驚嘆した。
周りの観客達の盛り上がりもといい、あちこちで「ヤバすぎる」「カッコ良すぎ」と絶賛の嵐。

終わらないでくれと思う気持ち反面、もうこれ以上は動けませんという感じ。
もっと見ていたいと思いつつライブは終わったが、誰もが満足気な顔で幕張メッセをあとにしていた。

レイジT-shirts

それにしてもこのT-shirts THE BATTLE OF JADANに見えるんですけど〜・・・。


レッドホットチリペッパーズ

レッドホットチリペッパーズ
たまらなく好きな世界最強のライブバンド
デイブナヴァロに似ていると言われた過去・・・ツラ
レッチリのコピーをしてた友達のバンド・・・ヤバ

昔の曲はやっぱり少なかったけど楽しかった!
やっぱね、最近のヒット曲で盛り上がっちゃうんですよ。
名曲がありすぎてもっともっと聞きたいわけですよ。
でもそんな訳にもいかないから家で昔のライブでもみるか・・・っと。
昔の曲でも聞いてひとりライブですよ。

結局私の人生の半分はレッチリと共に
そんで思うことはジョンのギターになりたい
 

ロロロ

ここは代々木公園 晴天なり
スリランカフェスティバルに行ってきました
セイロン マンゴー ロティ サリー どれもこれもいいね!
南の国の人は笑顔が素敵でした

それにしてもレジャーシート敷いてご飯食べるのって楽しいな
 

タイヌードル

毎年ゴールデンウィーク明けに2日間、開催されるタイフェスティバル。
タイの方からしたら地元の有名なアーティストをタダで見ることが出来る貴重な機会。
日本人からしたら異国のアーティストや音楽、食べ物に触れることが出来る機会。

みんな盛り上がってたし天気も良好だったから最高でした。
私はお酒飲めないけど、さぞビールもうまかっただろう。
タイ料理や南国フルーツを食べながらはしゃぐ人達。
大混雑だけど毎回わくわくする。
今回は土曜も日曜もタイフェス初の友達とお出かけ。

タイを私が紹介するには知識不足だし、おこがましいけど
なんとなくタイ好きを増やしたい。
そんな感じ。

 

岡本太郎氏

福山雅治氏

うーーーん。
「フレディ VS ジェイソン」
「エイリアン VS プレデター」
「少林寺 VS 霊幻道士 」
「少林寺 VS 忍者」

そして
「岡本太郎 VS 福山 雅治」ですよ。勝手にバトってみました。
個人的には岡本太郎氏の勝ちです。笑

岡本太郎(Taro Okamoto)
生年月日:1911年2月26日
出身地:神奈川県
1929年 ソルボンヌ大学哲学科で哲学・心理学・民俗学を学ぶ
1970年 大阪の日本万国博覧会のシンボル「太陽の塔」制作。
「芸術は爆発だ」やその他多くの言葉を残す。

福山 雅治(Fukuyama Masaharu)
生年月日:1969年2月6日
出 身 地:長崎県
長崎県長崎市出身。身長180cm。アミューズ所属。
ラジオパーソナリティー・ラジオDJ、俳優、音楽プロデューサー、
写真家と幅広い活躍をしている。
現在六本木ヒルズで写真展『 PHOTO STAGE 〜 記憶の箱庭 〜 』開催中。

(一部Wikipediaより引用)

世田谷区主催 安藤忠雄講演会

世田谷区主催で安藤忠雄氏による講演会が行われた
安藤さんを雑誌やTVでもちろん拝見したことはあるんだけど
やっぱり目の前で話を聞くって違う
安藤さんのパワーがめちゃめちゃ伝わってくる
とにかく話を聞いているとどんどんヤル気がみなぎってくる
ものを創る人、世界で活躍している人のパワーなんだろうか
安藤さんの話が楽しすぎて2時間があっという間だった
刺激を受けたしこの気持ちを大切に自分もものつくりして行こう
もっともっと行動しなきゃいけないと感じだ時間だった

これは安藤忠雄さんの作品「表参道ヒルズ」・・・・のほんの一部
表参道ヒルズが出来るに至るまでの話もとても興味深かった
以前表参道ヒルズに行った時は前知識無しで建築物をみたんだけど、
次に立ち寄るときは全然違う気持ち、目線で表参道ヒルズをみることになるだろう

いろんなプロジェクトが進行しているみたいなので
それも楽しみにしつつ・・・ 

 

ピンク

上野の森美術館で開催されている
「ダリ生誕100周年記念 ダリ回顧展」に行ってきました。
1月4日までの長期間開催されているので10月だし土曜だけど
そんなに混んでいないだろうと考えていたら・・・
予想外! 長蛇の列 45分待ち!
だけど友達とおしゃべりしながら待つのはそんなに苦痛じゃない。

中に入っても人 人 人
近くでみたいんだよ・・・作品を
頑張って近づく 近づく
やっぱすごい! 
シュールレアリスム  

ダリの夢の中はどんなんだったのかな?
摩訶不思議な世界だったのかしら・・・
頭の中をのぞきたいと思える人物の一人だなぁ
 


PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

 

 

iKnow!

iKnow!

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM